frontPageBack

website ภาษาไทย

[divider]

出家・瞑想コース


タイ仏教瞑想センター

短期出家コース

タイ瞑想
www.thaimeisou.jp

タイ瞑想村
www.thaimeisou.jp

[divider]

タンマガーイ寺院

お知らせ

[divider]

タンマガーイ寺院の知識

[services columns=”4″ id=”130, 133, 154, 132″]

[divider]

タンマガーイ寺院の歴史

タンマガーイ寺院の歴史はパークナーム寺院の住職、プラ・モンコンテープムニー、(以下、大師)が瞑想を通じて釈尊の智慧を自分で見出し再発見するために、1916年に自らの人生をかける決心で出家したことから始まります。大師の献身的な教えと師が発見したタンマガーイ瞑想法は人気となり、多くの人がパークナーム寺院へ瞑想を学びに来るようになりました。そして、大師の中で最も才能のある弟子はクンヤーイ ウバシカ ジャン コンノックユーン(以下、クンヤーイ先生)でした。

パークナーム寺院住職の大師がこの世を去った後、クンヤーイ先生は寺院に残り瞑想指導を行っていましたが、当時高校生であった現タンマガーイ寺院住職ルァンポー・タンマシャヨー師(以下ルァンポーといいます)が瞑想を学びに通っており、大学卒業後1969年8月27日にパークナーム寺院において出家し僧侶となりました。

その後、パークナーム寺院内のクンヤーイ先生の住まいが、瞑想を学びにやってくる生徒数に対応できなくなったため、タンマガーイ寺院は1970年にルァンポーと先生によって設立されました。[button url=”http://www.dhammakaya.jp/タンマガーイ寺院について/” align=”left” color=”green” style=”1″ arrow=”arrow”] 読むを続く[/button]

[divider]

タンマガーイ寺院の教理

“外界の平和は心の内の平安より”

人間はだれでも自分の安楽そして社会の平和を求めるでしょう。多くの人々が学歴・財産・地位・名誉があれば幸せになると考えて一生懸命に仕事をしています。しかし、人々の実態を眺めてみると、大学者・大金持ち・国々の指導者らは必ずしも幸せではないようです。

場合によって逆に一般の人々より悩みが多いかもしれません。そうすると、どうしたら幸せになれるのかという質問が起こります。ここに幸せに導くお釈迦様の教えを紹介します。仏教の教えでは、幸せになるためにが確かにある程度の財産なども必要であるが、それらの他に以下の三要因が欠かせないものであると言われています。1.布施:この布施の目的はお互いに助け合い・護り合うことにあります。ただ物を他人に上げるだけではなく、自分の心から怒りや忌みを追い払って、いつでも素晴らしい気持ちで善意をもって人々に接することもこの布施に含まれます。それは無畏施と呼ばれます。

2.持戒:五戒つまり不殺生・不盗・不邪淫・不妄語・不飲酒は基本の戒律です。戒律を守る目的は自分と他人を傷つけないことにあります。ある人は自分の利益のために他の生き物を殺したり、他人の財産を盗んだり、みだらな行為をしたり、うそをついたりしています。それは長い日で見れば決して幸せにはなりません。その罰はいつか必ず自分に戻ってきます。もし自分が殺されたり財産が奪われたり、愛している人がみだらな行為をされたり、騙されたりしたらどんなに苦しむかとよく考える必要があります。他人に同情して行動することも持戒に当たります。酒を飲むこととは自分を傷つける持戒にはんすることです。3.瞑想:瞑想の目的は心を安定させることです。心が安定すれば自然的に清らかになります。安定して清らかな心を持っていない人はいいことをしようと思っても時々欲望に負けて悪いことをやってしまいます。このように瞑想は布施や持戒など善行を仕えるものです。他人を助けず、他人に護らず。利益があれば他人を傷つけてもかまわないと思い、心が不安定で汚い人は大金持ちであっても、威力があっても決して幸せになりません。しかも、そのような人は社会に不安をもたらします。[button url=”http://www.dhammakaya.jp/教え/” align=”left” color=”blue” style=”1″ arrow=”arrow”]  読むを続く[/button]

[divider]

瞑想法

心身の整え方基本姿勢

瞑想の基本的な姿勢は、胡坐をかいて座り右足を左足ふくらはぎの上に置き、右手のひらの上に、左手のひらを乗せ、軽く目を瞑る姿勢です。背筋は、真っ直ぐに伸ばしてください。 しかし、これに囚われず、自分が楽な姿勢で座って体が緊張しないように楽にすることです。例えどの一部でも体が緊張すると言う事は、間違った方法であることへの訴えかけです。

これでも構いません座る際はクッションを使っても、使わなくてもかまいません。自分にとって座り心地がよい体勢を整えてください。座っている姿勢が辛くなれば、楽にしましょう。無理をせず足なども組み替えてください。瞑想は決して我慢比べや、人との競争ではありません。

目の瞑り方

目を楽に瞑りましょう。眠りに入る前の状態のように、軽く目を瞑ります。自然に優しく、力んで瞑らないようにして、静かに目を瞑ります。

緊張の開放

全身をチェックして、体のどの部分も、力んでいないか、緊張しすぎたりしていないか調べてみましょう。笑顔でゆったりと坐ってください。そして、体全体の筋肉をリラックスさせましょう。頭の部分から、ひたい、まゆ、まぶた、目の周りの筋肉、顔の筋肉、首、両肩の筋肉、両腕から指の先まで、胸周りの筋肉、両足の付根から爪先まで、リラックスします。

呼吸の調え方

2-3回、深呼吸をしてみましょう。息を吸い込むとき、体の全ての細胞に幸福や喜びを吸収するように。そして、息を吐き出すときは、悩みやマイナス感情を放つように。ゆっくり、自分の心を日常の仕事、友人、家族、勉強、物事などから自由に開放しましょう。

[button url=”http://www.dhammakaya.jp/瞑想法/” align=”left” color=”yellow” style=”1″ arrow=”arrow”]  読むを続く[/button]

[divider]

各瞑想会の案内

リラックス瞑想会 平成2526日スタート)

場所:タイ仏教瞑想センター (荒川区西日暮里2-29-6秋山ビル3F)
時間:火・木・土曜日         19:00~21:00
日曜日        14:30~16:30

タイ人と一緒の瞑想

場所:タンマガーイ寺院3階
時間:昼 月~土曜日 13:30~14:30
夜 月~金曜日 18:30~20:00
土曜日   17:00~18:30
[button url=”http://www.dhammakaya.jp/?page_id=545&preview=true” align=”left” color=”orange” style=”1″ arrow=”arrow”]  読むを続く[/button]

[divider]

仏教とは何か?

Rob : 仏教が世界宗教の一つであるということは知っていましたが、それは宗教というよりかは、生き方や生きる姿勢に関わるものだと聞いたことがあります。

Tim:その通りです。「宗教」という言葉は、唯一神や神々に対する信仰、そしてその信仰に関わる活動、つまり祈りを捧げることや、お寺や神社に行くことを指しています。しかし元々の、お釈迦様が説いた仏教は、特定の神や、創造主としての唯一神を信仰するようには教えていません。

Rob:仏教には神は存在しないのですか?Tim: 実際のところ、多くの神や女神が話の中に出てきます。 ですが仏教では、それらを信仰するようにとは教えていないのです。Rob: では、仏教徒は何を信仰しているのですか?Tim:そうですね、正しい仏教徒はダンマ(法)と呼ばれる、ブッダの教えを信仰しています。Rob:ブッダが仏教の創始者ということですか?Tim:はい、そうです。Rob:それは一体、どんな教えなんですか?Tim:自己救済の道です。[button url=”http://www.dhammakaya.jp/ブログ/” align=”left” color=”red” style=”1″ arrow=”arrow”]読むを続く[/button]

[divider]

仏教の教えの要点

Tim: Robさん、仏教の経典を読み始めましたか?
Rob: はい、しかしたくさんの巻があります。すべての物を読み終えるのに時間がないかもしれないです。
最初に読むべき重要な巻をいくつか推奨してもらえませんか?

Tim: はい、仏陀の教えは三つの部分に分けられ、すなわち、律蔵、経蔵とより論蔵である。

律蔵は僧の規律の為に仏陀によって定式化されたルールと規則を扱う。

経蔵はより高い教義の論蔵は、教義の心理学と哲学の面をほとんど扱います。それは、三つの中で最も難しい。2部の経蔵から読み始める事をお勧めします。

Rob: 2部の本は何冊ありますか?

Tim: 33冊あります。

Rob: 本当ですか? どのようにその教えのすべてを覚える事ができますか?

[button url=”http://www.dhammakaya.jp/仏教の教えの要点/” align=”left” color=”gray” style=”1″ arrow=”arrow”]読むを続く[/button]

[divider]

涅槃: 仏教の最終的な目標

Tim: こんにちは、Robさん、今週末どこに行く予定ですか?

Rob: どこにも行きません。あなたから借りている仏教のテキストを終わらせたいです。

Tim: そうですか?それらを楽しんでいるの?

Rob: はい。しかし、いくつかの仏教の概念を理解するのが簡単ではありません。特にPali用語が使用されている時です。

Tim: その通りです。古代の言語だけでなく、我々の異なる文化背景においても仏教のテキストの正確な意味を不明確にします。

Rob: Timさん、涅槃について涅槃は何か教えて頂いてもよろしいでしょうか?
[button url=”http://www.dhammakaya.jp/?page_id=464&preview=true” align=”left” color=”red” style=”1″ arrow=”arrow”]読むを続く[/button]

[divider]

問い合わせ

[tabs] [tab title=”総本山”]

Thailand (Headquarters) Dhammakaya Foundation

40 Mu 8, Khlong Song, Khlong Luang, Pathum Thani 12120, THAILAND

Tel. +(66-2) 831-1000, +(66-2) 524-0257 to 63  Fax. +(66-2) 5240270 to 1

[/tab]

[tab title=”東京”]

東京本院

宗教法人 タイ国タンマガーイ寺院東京本院  〒 116-0002 東京都荒川区荒川 3-78-5

Tel. 03-5604-3021 Fax. 03-5604-3022

Wat Phra Dhammakaya Tokyo

3-78-5 Arakawa, Arakawa-ku, Tokyo, Japan, 116-0002

Tel. +(81) 3-5604-3021,  Fax. +(81) 3-5604-3022

Email :   [email protected], [email protected], [email protected]

Website:   www.dimcjp.org/tokyo

GPS: 35.736188, 139.777078

 

[/tab]

[tab title=”大阪”]

大阪別院

宗教法人 タイ国タンマガーイ寺院 大阪別院

〒 535-0002 大阪府大阪市旭区大宮 4-6-27

Tel. 06-6956-1400 Fax. 06-6956-1401

Wat Phra Dhammakaya Osaka

4-6-27 Omiya, Asahi-Ku, Osaka, Japan, 535-0002

Tel. +(81) 6-6956-1400, Fax. +(81) 6-6956-1401

Email: [email protected]

Website:   www.dimcjp.org/osaka

GPS: 34.728704, 135.546405

 

[/tab]

[tab title=”長野”]

長野別院

宗教法人 タイ国タンマガーイ寺院 長野別院

〒 389-0501 長野県東御市新張 733-3

Tel. 0268-64-7516 , 0268-64-7720 Fax. 0268-62-2505

Wat Phra Dhammakaya Nagano

733-3 Mihari, Tomi-Shi, Nagano-Ken, Japan, 389-0501

Tel. +(81) 268-64-7516,  +(81) 268-64-7720  Fax. +(81) 268-62-2505,  Mobile. +(81) 90-9390-6055

Email :   [email protected]

Website:   www.dimcjp.org/nagano

GPS: 36.388702, 138.390803

[/tab]

[tab title=” 栃木”]

栃木別院

宗教法人 タイ国タンマガーイ寺院 栃木別院

〒321-0345 栃木県宇都宮市大谷町1068

Tel. 028-652-8701 to 2,  Fax  028-652-8703

Wat Phra Dhammakaya Tochigi

1068 Oya-Machi, Utsunomiya-Shi, Tochigi-Ken, Japan, 321-0345

Tel. +(81) 28-652-8701 to 2,  Fax  +(81) 28-652-8703

Email: [email protected]

Website:   www.dimcjp.org/tochigi

GPS: 36.589705, 139.823712

[/tab]

[tab title=”神奈川”]

神奈川別院

宗教法人 タイ国タンマガーイ寺院 神奈川別院

〒243-0406神奈川県海老名市国分北3-39-9

Tel. 046-205-6713,  Fax. 046-205-6714

Wat Phra Dhammakaya Kanagawa

3-39-9 Kokubukita, Ebina-Shi, Kanagawa-Ken, Japan, 243-0406,

Tel. +(81) 46-205-6713,  Fax. +(81) 46-205-6714

Email:   [email protected]

Website:   www.dimcjp.org/kanagawa

GPS: 35.464693, 139.404621

[/tab]

[tab title=”茨城”]

茨城別院

宗教法人 タイ国タンマガーイ寺院 茨城別院

〒305-0042 茨城県つくば市下広岡1055-226

Tel. 029-855-9757,  Fax. 029-875-9422

Wat Phra Dhammakaya Ibaraki

1055-226 Shimohirooka, Tsukuba-Shi, Ibaraki-Ken, Japan, 305-0042

Tel. +(81)29-855-9757,  Fax.  HYPERLINK “tel:%2B%2881%2929-875-9422” t “_blank” +(81)29-875-9422

Email: [email protected]

Website:   www.dimcjp.org/ibaraki

GPS: 36.055015, 140.151566

[/tab]

[tab title=”埼玉”]

埼玉別院

宗教法人 タイ国タンマガーイ寺院 埼玉別院

〒350-1203埼玉県日高市旭ヶ丘82-7

Tel. 042-985-6044,  Fax. 042-985-6044

Wat Bhavana Saitama

82-7 Asahigaoka, Hidaka-Shi, Saitama-Ken, Japan, 350-1203

Tel. +(81) 42-985-6044,  Fax. +(81) 42-985-6044

Email:[email protected]

Facebook: Wat Bhavana Saitama

Website:  www.dimcjp.org/saitama

GPS: 35.915667, 139.357042

[/tab]

[tab title=”山梨”]

山梨別院

宗教法人 タイ国タンマガーイ寺院 山梨別院

〒400-0205 山梨県南アルプス市野牛島1828-39

Tel. 055-287-7892,  Fax. 055-287-7892

Wat Bhavana Yamanashi

1828-39 Yagoshima, Minami-Alps-Shi, Yamanashi-Ken, Japan, 400-0205

Tel. +(81)55-287-7892,  Fax. +(81)55-287-7892

Email:   [email protected]

Website:  www.dimcjp.org/yamanashi

GPS: 35.664028, 138.488466

[/tab]

[tab title=”名古屋”]

名古屋別院

宗教法人タイ国タンマガーイ寺院名古屋別院

〒454-0971愛知県名古屋市中川区富田町千音寺土坪3802-1

Wat Bhavana Nagoya

3802-1 Totsubo, Sennonji, Tomida-Cho, Nakagawa-Ku, Nagoya-Shi, Aichi-Ken, Japan,  454-0971

Tel. +(81)052-462−1170,  Fax. +(81) 052-462−1171

Email: [email protected]

Website:   www.dimcjp.org/nagoya

GPS: 35.157917, 136.815702

[/tab]

[tab title=”群馬”]

群馬別院

宗教法人タイ国タンマガーイ寺院群馬別院

〒370-3606 群馬県北群馬郡吉岡町上野田3154

Wat Phra Dhammakaya Gunma

3154  Kaminoda, Yoshioka-Machi, KitaGunma-Gun,Gunma-Ken,

Japan  370-3606

Tel.0279-26-3607,Fax 0279-26-3608

E-mail   [email protected], jakkrit072[email protected]

Website:   www.dimcjp.org/gunma

GPS: 36.469063, 138.950807

[/tab] [/tabs]

[divider]